このページを編集する際は、編集に関する方針に従ってください。

概要

  • include/asm-i386/pgtable.hにて定義
  • ゼロページを返す。ゼロページはページフレーム割り当てを遅延させるために用いられる
    • ゼロページはグローバルな共有ページである
    • ゼロページには書き込み不可の印が付けてあるため、プロセスが書き込もうとすると、コピーオンライト機構が働く
      • この場合に限り、プロセスは書き込むことができるページを獲得することができる

引数

  • vaddr--使用されていない

実装

/*

* ZERO_PAGE is a global shared page that is always zero: used
* for zero-mapped memory areas etc..
*/

#define ZERO_PAGE(vaddr) (virt_to_page(empty_zero_page)

  • 仮想アドレスempty_zero_pageが属するページ(page構造体)を見つけて返す
  • empty_zero_pageはゼロページと呼ばれる

呼出元


履歴

  • 作者:ひら
  • 日付:2005/9/8
  • 対象:2.6.10
    更新日更新者更新内容

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-24 (火) 07:09:43 (3101d)