このページを編集する際は、編集に関する方針に従ってください。

概要

  • mm/memory.cにて定義
  • 引数で渡された仮想アドレスに対応するページを見つけて返す。
    • 見つからない場合はNULLを返す

引数

  • mm--メモリディスクリプタ
  • address--仮想アドレス
  • write--書き込み可能か
    • 書き込み可能である場合は1を、そうでない場合は0が設定される

実装

/*

* Do a quick page-table lookup for a single page.
* mm->page_table_lock must be held.
*/

struct page * follow_page(struct mm_struct *mm, unsigned long address, int write) {

	pgd_t *pgd;
	pmd_t *pmd;
	pte_t *ptep, pte;
	unsigned long pfn;
	struct page *page;
	page = follow_huge_addr(mm, address, write);
	if (! IS_ERR(page))
		return page;
  • ポインタpageは妥当でないので終了しない
  • ポインタの妥当性の確認をする
    • 妥当である場合は0を、そうでない場合は1を返す
    • 詳細はIS_ERR()/linux2.6を参照
	pgd = pgd_offset(mm, address);
  • addressに対応するページグローバルディレクトリを返す
	if (pgd_none(*pgd) || unlikely(pgd_bad(*pgd)))
		goto out;
  • outへはジャンプしない
	pmd = pmd_offset(pgd, address);
  • ページミドルディレクトリの特定エントリのアドレスを返す
	if (pmd_none(*pmd))
		goto out;
  • ページミドルディレクトリpmdが存在しない場合は1を返す
	if (pmd_huge(*pmd))
		return follow_huge_pmd(mm, address, pmd, write);
  • ページミドルディレクトリpmdがラージページをサポートしていたら1を返す
  • 仮想アドレスaddressから、対応するページ構造体を探し返す
	if (unlikely(pmd_bad(*pmd)))
		goto out;
  • ページミドルディレクトリpmdが不正であるか判定する
    • 不正である場合は1を、そうでない場合は0を返す
    • 詳細はpmd_bad()/linux2.6を参照
	ptep = pte_offset_map(pmd, address);
	if (!ptep)
		goto out;
  • ptepがNULLである場合(つまりページテーブルエントリが見つからなかった場合)はoutへジャンプ
	pte = *ptep;
	pte_unmap(ptep);
  • CONFIG_HIGHPTEが有効で無い場合は、処理を行わない
	if (pte_present(pte)) {
  • pteに対応する物理ページが存在する場合:
  • ページテーブルエントリpteに対応する物理ページが存在するか判定する
		if (write && !pte_write(pte))
			goto out;
  • 書き込みできない場合はoutへジャンプ
  • ページテーブルエントリpteが書き込み可能か調べる
    • 書き込み可能である場合は1を、そうでない場合は0を返す
    • 詳細はpte_write()/linux2.6を参照
		pfn = pte_pfn(pte);
  • ページテーブルエントリpteに対応するページフレーム番号を返す
		if (pfn_valid(pfn)) {
  • ページフレームpfnが適切な値であるかチェックする
			page = pfn_to_page(pfn);
  • ページフレーム番号pfnからページ(page構造体)を見つける
			if (write && !pte_dirty(pte) && !PageDirty(page))
				set_page_dirty(page);
  • ページテーブルエントリpteが更新されているか調べる
    • 更新されている場合は1を、そうでない場合は0を返す
    • 詳細はpte_dirty()/linux2.6を参照
  • ページpageに書き込みが行われたかどうか調べる
  • pageの更新フラグを設定する
			mark_page_accessed(page);
			return page;
		}
	}

out:

	return NULL;

}

呼出元


履歴

  • 作者:ひら
  • 日付:2005/9/2
  • 対象:2.6.10
    更新日更新者更新内容

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-24 (火) 07:13:05 (2919d)